虫歯による口臭の対策

口臭と舌苔

口臭の話題になるとよく聞く『舌苔』
口臭の原因と言われる物の中でもこの舌苔による口臭が一番と言っていいほど多いものだと思います。
舌苔には口臭のもととなる細菌や食べカス、粘膜のカスなどを多く含んでいて揮発性硫黄化合物という、卵が腐ったような悪臭を放つ物質を発生させます。
多少の舌苔は健康な人にも見られるが、口内が乾いたり、疫力低下、消化器系の疾患、などがあると舌苔は厚くなって強い口臭の原因になります。
最近ではこの舌苔を除去するためのブラシなども家庭用に『舌ブラシ』と言う物が販売されているので舌ブラシを使って、舌苔を除去し、口臭の改善を心掛けてみましょう。
この症状の改善には日頃のブラッシングが極めて重要と言えるでしょう。

血液中の成分による口臭

他にも、血液中の成分の匂いが口臭に出てくる場合もあります。
例えば、ニンニクなどの匂いの強いものを食べた後、お酒を飲んだ後の口臭は消化吸収された後に血液に移行した臭いの成分が肺を通して口臭として表に出てくる事もあります。
他にも、お腹がすいていたり疲労があると、肝臓が体にエネルギーを供給するために、『ケトン』と言う物質を作り血液中に流します。
このケトンが増えると、甘酸っぱい臭いのアセトンと言うガスになって肺から出てくるので口臭がきつくなります。
この様に、虫歯などの口内の病気以外にも、口臭が匂う原因はあります。
歯磨きや生活改善で口臭はよくなるので、周りの方を不快にしないような口臭を手に入れてください。


このコラムをシェアする