口臭と歯周病

口臭と歯周病

まず歯周病とは、歯垢の中の細菌により歯肉が炎症を起こし、葉を痩せさせてしまう症状です。
そして、歯周病菌が歯と歯茎の間に食べかすや細菌が溜まり、発酵することで悪臭が発生して、口臭の原因になるのです。
さらに、歯周病が進行していくと、歯茎から血が出ることがあります。
そうなると、その出血した血の匂いも口臭の原因となっていってしまうのです。
さらに、歯周病が進行すると、歯と歯茎の間の溝が深くなり、そこに汚れや細菌が溜まっていく事で歯茎の内部が炎症をおこしてしまい、歯茎の中に膿が出来る様になり、これも口臭の原因となってしまうのです。
歯周病の改善には生活習慣の見直しや歯科医院での治療が欠かせません。
少しでも気になったら早めに治療に取り掛かりましょう。

歯周病の対策

歯周病の原因も虫歯と同じく歯垢が関係してきます。
つまり歯に歯垢を付けない為に歯磨きという所では共通してきますね。
しかし、歯周病に関しては歯垢に住み着いている細菌によって歯茎などが炎症を起こす病気です。
なので、歯の表面を磨く、と言うよりも歯と歯肉の隙間を磨くように心がけてみましょう!
歯ブラシを歯に当てる際に少し角度をつけて磨くことで、歯と歯肉の隙間にも歯ブラシの毛先が入り、歯垢の原因ともなる食べかすなどを除去し歯垢の付着を防いでいきましょう。
やはり、歯と歯の間の様な狭い隙間の汚れは歯ブラシだけでは取り切れません。
ここでも、糸ようじや歯間ブラシを使って隙間の汚れを除去しましょう!
歯磨きのやり方を見直し正しく磨くことで、歯周病の感染を無くしていきましょ。


このコラムをシェアする